healthy

症状について

耳のトラブルの原因に聴神経腫瘍の疑いがあります

耳周辺には、さまざまな機能を持つ器官が密集しています。音の情報を脳に伝える蝸牛神経や前庭神経、平衡感覚の情報を司る半規管や耳石器、顔面の知覚を支配している顔面神経が絡み合うように配列されています。この周辺にトラブルが起きると、耳鳴りや閉塞感、難聴の症状が出たり、めまいや顔面の痺れ、けいれんなどの症状が現れます。聴神経腫瘍は、こんな症状が出てきたときに疑わなくてはならない病気の一つです。聴神経腫瘍とは、内耳から脳に繋がる聴神経にできる腫瘍です。この腫瘍が血管や神経を圧迫させます。聴神経には蝸牛神経と前庭神経から構築されていて、その多くが前庭神経に腫瘍が発生します。30代から50代に発症しやすく、良性の腫瘍なので癌などとは異なり転移する心配はほとんどありません。

治療法には放射線治療や摘出手術があります

聴神経腫瘍の疑いがある場合には、最初に聴力検査を行います。防音室で左右それぞれの聴力の異常を調べ、片方だけ著しく聴力が低下している場合には、エックス線検査で内耳道が肥大していないかを検査します。腫瘍があると内耳道が拡大することがあり、詳細はCTスキャンやMRIで聴神経腫瘍の位置や大きさを確認できます。治療方法は、摘出手術と放射線治療があります。現在では、比較的負担の少ない放射線治療が施されるケースが多いようです。放射線治療は腫瘍を完全に取り除くことは難しく、肥大していくことを防ぐ効果があります。高齢の方は、経過観察をしながら腫瘍の大きさに合わせて対応します。聴神経腫瘍が小さい時には、手術ですべて摘出してしまうのが望ましいのですが、場所により、聴力障害や顔面麻痺の後遺症のリスクもあるため、主治医とよく相談するとよいでしょう。